バイク

他人名義(友人・家族)のバイクは買い取ってもらえる?

更新日:

バイクは通勤通学に利用することが多いので、中古の流通量も非常に多いのが特徴です。

バイクを中古で購入するときは、基本的にはバイクショップで購入することになります。ですが、現在ではインターネットなどの連絡手段が発達していますので、オークションや個人的な売買で購入することもあります。

新車や中古に関わらず、バイクショップで購入すると名義変更はショップが行ってくれます。名義変更を行うことによって、所有権が移りますので購入の際には必ず行わなければなりません。

他人名義のままだと、不都合もありますので基本的にはしっかりと名義変更は行いましょう。

 

他人名義のバイクの買取

バイクを買取ってもらうときは、自身の名義のバイクを売るのが基本です。他人名義のバイクを買取ってもらうことはそれほどありませんが、様々な状況が考えられます。

まずは、友人や家族から買取を依頼されたときです。友人が特別な事情で売ることができない、家族が遠方にいるので自身で手続きを行うのが難しいなど、様々なことが考えられます。

 

他人名義でも売ることができるのか?

結論から言いますと、他人名義のバイクであっても売ることはできます。他人名義のバイクを売るときには、通常の買取と同じではなく用意しなければならないものがあります。

名義人の身分証明書のコピーが必要になりますので、事前に用意しましょう。ここで注意しなければならないのは、自身の身分証明書ではなく名義人だということです。

登録名義の身分証明書が必要ですので、間違えないようにしましょう。身分証明書は、免許証や保険証、パスポートや写真入りの住基カードで大丈夫です。

名義人がすぐ近くに住んでいないときは、身分証明書のコピーを送ってもらう必要があります。名義人に事情を説明して、郵送などで運転免許証のコピーなどを送ってもらいましょう。

その他には、委任状と譲渡証明書が必要になることがあります。委任状とは、名義人からバイクの買取を委任されていることを証明する書類です。バイク買取業者に尋ねることによって、書き方を教えてくれます。

譲渡証明書は、名義人からバイクを譲り受けたことを証明する書類です。こちらもバイク買取業者に尋ねることで、書き方を教えてもらえます。

委任状や譲渡証明書ですが、バイク買取業者によっては必要ないこともあります。事前に電話で書類は何が必要なのか聞くことで、無駄に書類を集めてしまうようなことがありません。業者の中には、譲渡証明書の代わりに電話で名義人に確認を取る手法を行っているところもあります。

 

 

他人名義のバイクを売る際の注意点

他人名義のバイクを売るときには、金銭的なトラブルにならないようにする必要があります。

代わりにバイクを売る際には、名義だけ別で自身が譲り受けている以外にも、代わりに売るということが考えられます。このようなときには、手間賃などのやり取りがない場合は、買取ってもらったお金は名義人に渡す必要があります。

「自身が希望していた金額の買取価格ではない」など、金銭的なトラブルになってしまうことがあります。

このようなことにならないように、名義人の代わりに買取を利用するときは、名義人から希望金額を聞くようにしましょう。いくらからいくらまでなら買取OKなどの希望を聞いておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

 

 

まとめ

他人名義のバイクであっても、難しい手続きもなく買取してもらうことができます。

名義が違うだけで譲り受けたときは、トラブルになってしまうことはありません。しかし、買取代行のようなときはトラブルになってしまうことがありますので、十分注意しましょう。

-バイク

Copyright© Run through the 30's !! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.