バイク

車検切れのバイクを買取してもらう時に注意するポイント

更新日:

バイクや自動車を走る際には、自賠責保険に加入することが必須となっています。

自賠責保険は、万が一事故を起こしてしまったときに、治療費などを支払うことができる強制加入の保険です。

車両に対しての保険ではありませんので、バイクや自動車どちらでも任意保険にも加入することが大半です。

原付などは車検がありませんが、251ccを超えるバイクは車検が必要になります。この車検は、自賠責保険と同じく必ず必要なことです。

車検が切れてしまうと、乗車して運転することができないということになります。したがって、車検が切れてしまったバイクに関しては、買取りしてもらうときに注意するポイントがあります。

今回は、車検切れのバイクを買い取ってもらう際の注意事項やポイントについて詳しくご紹介します。

 

車検切れバイクを取り扱う際の注意点

車検切れの状態では絶対に運転しない

車検が切れてしまっている状態で運転をすると、道路交通法違反で取り締まりの対象となります。車検切れの状態で捕まってしまうと、30万円以下の罰金が科せられてしまいます。

さらには、点数も6点減点になってしまうので、一発で免許停止になってしまいます。車検切れと同時に自賠責保険にも加入していないと、さらに6点減点がプラスされてしまい、免許停止の期間が長くなります。

 

車検を忘れないようにする

車検を受ける時期になると、郵送などで知らせてもらうことができます。免許の更新を忘れてしまう方がいるのと同じく、車検に関しても忘れてしまう方がいます。

特にバイクは車検のイメージがあまりありませんので、最初の車検は忘れやすくなっています。バイクを所有している方は、必ず車検を忘れないように心がけることが大切です。

 

 

車検切れバイクを売る際のポイント

出張買取業者を利用する

車検が切れてしまったバイクを買取ってもらうときは、買取業者を利用するようにすると便利です。このときに注意しなければならないのは、自分で運転して買取業者に持ち込まないようにするということです。

車検切れの状態で捕まってしまうと、道路交通法違反になってしまいます。少しの距離だから大丈夫と思って運転をすると、取り返しのつかないことになってしまいます。

買取業者を利用するときには、出張買取をしてくれる業者を利用する必要があります。出張買取なら、自宅まで車検が切れているバイクを引き取りに来てくれます。申し込みの際には、スムーズに買取してもらうことができるように、車検が切れていることは伝えておきましょう。

バイク買取のおすすめ業者については、下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

>>絶対失敗しないためのバイク買取査定業者ランキング

 

車に積んで運ぶ

出張買取以外にも、自身で買取店まで持って行く方法はあります。まずは車に積んで買取店まで持ち込む方法です。

バイクは重量もありますので、ワンボックスカーなどでは運ぶことができません。バイクを積むときは、最低でも軽トラックを用意するようにしましょう。軽トラックに積むだけでは不安ですので、スロープやラダーレールが必要になります。

バイクが落ちないようにしっかいと固定する必要がありますので、輸送の知識がある人物のアドバイスも必要です。特別な事情がない限り、自身だけでバイクを輸送するのは止めておいた方が無難です。

 

仮ナンバーの利用

仮ナンバーは、市町村の役所に申請することによって、貸してもらうことができる臨時的なナンバーです。正式には臨時運転許可番号標という名称です。

仮ナンバーを利用する際には「車検証」「自賠責保険」「印鑑」「免許証」「使用料」が必要になります。使用料は1,000円以下であることが多く、それほど費用がかかるものではありません。仮ナンバーを利用すれば、自走して買取店に持ち込むことができます。

 

 

まとめ

車検が切れてしまったバイクは、自身で売ることが難しいので、出張買取を実施している買取専門業者に来てもらう方法が主な買取方法になります。

どうしても自身で輸送して買取したいときは、輸送や仮ナンバーを利用して、安全面に最新の注意を払って買取してもらいましょう。

くれぐれも、『ちょっとの距離だから・・・』と車検切れバイクに乗って下取り店まで行くような事はしないように注意して下さい。

-バイク

Copyright© Run through the 30's !! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.