バイク

事故車を買取してもらう時に注意するポイント

更新日:

バイクを買取ってもらうタイミングで多いのは、バイクが故障してしまったときです。直すことができる故障だと良いのですが、エンジンなどの故障は買い替えた方が良い場合もあります。

今回は、事故車のバイクを売りたい時に注意すべきポイントについて詳しくご紹介します。

 

事故車の買取について

自身が予期しないタイミングで、事故に遭遇してしまうということも考えられます。

事故の度合いによっては走行に全く支障が出ないこともありますが、ボディにダメージが残ってしまうこともあります。

走行に支障が出てしまうような深刻な状態だと、残念ながら買い替えを検討しなければなりません。

事故に遭遇してしまったバイクは、そのまま廃車してしまうことも多いのですが、新しいバイクの費用捻出のためには少しでもお金に換えておきたいところです。

事故車を買取ってもらうことによって、購入の負担を軽減することができます。事故車を買取ってもらう際に注意するポイントを把握しておけば、実際に売るときに困ってしまうことがありません。

 

 

自宅まで来てくれる業者へ依頼

買取を検討するほどの事故車になってしまうと、自力で走行することが難しいことが多々あります。

自力で走行することが可能であったとしても、バイク自体にダメージがあるなど走行に不都合が生じてしまうことがあります。したがって、事故車に乗って査定をしてもらいに店舗に赴くのは、難しいと考えておくようにしましょう。

事故車を買取ってもらうときは、バイクがあるところまで査定に来てくれるところに依頼する必要があります。その際には、出張費などがかからない無料で査定をしてくれるところに依頼すれば、費用もかからずに買取してもらうことができます。

 

まずエンジンの状態を把握する

事故車のバイクの買取をしてもらうときに重要なのが、エンジンの状態がどのようになっているかです。

エンジンが故障してしまっていると、バイクの価値は大きく下がってしまいます。エンジンがかかる状態なら、車体が壊れていても走行可能な範囲で修理をすることができるので、バイク屋としても買取をする価値があると判断します。

 

メインフレームの状態を見る

メインフレームが故障してしまうと、やはり車体として価値が低くなってしまいます。メインフレームが生きている状態で、エンジンがダメだと意味がありませんが、メインフレームも買取のポイントの一つです。

 

古いバイクについて

事故車で全く走行ができない状態になったとしても、部分的な部品は使用することができることがあります。

現行車だと部品に価値はそれほどありませんが、古いバイクだと部品に価値があります。また、現行車でも純正部品に価値があることもありますし、カスタムパーツを装着していればやはり高値での買取が期待できます。

古いバイクは、生産されていませんので部品を新たに作ることがありません。古くて珍しいバイクが事故車になってしまっても、すぐに廃車するのではなく、部品を売ることができるか調べると良いでしょう。

 

 

事故車の一括査定

事故車は自身で運転することができない場合が多いので、買取店に見積もりを出してもらう作業がとても大変です。

買取店に見積もりを出してもらうときは、ネットで呼べる出張買取業者を利用すると良いでしょう。事故車でも、メーカーや車種など簡単な情報で査定を出してもらうことができます。

 

 

まとめ

事故車であっても、全く価値がないという訳ではなく高値で買取してもらうことができる場合もあります。

まずは事故車の状態を確認してから、買取が期待できる場合はネットの出張バイク買取業者を利用して売るようにしましょう。

バイク買取のおすすめ業者については、下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

>>絶対失敗しないためのバイク買取査定業者ランキング

-バイク

Copyright© Run through the 30's !! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.