腕時計

機械式腕時計の正規品と並行輸入品の違い、メリット・デメリットについて

30代の男性、特にサラリーマンであればロレックスやオメガ等の腕時計が気になる方が多いと思います。最近は若者の時計離れやらなんやらと言われてはいますが、やはり30過ぎて、収入も伸びてきて中間管理職なる年代になるとやはり、欲しくなってしまう。機械式腕時計はいつまでも大人のロマンだと思っています。

私も機械式の腕時計は数本持っていますが、今年中にロレックスかオメガの機械式腕時計を購入予定です。その為、色々とリサーチしているのでこの機会に機械式腕時計について色々詳しくご紹介していきたいと思います。

今回は、「正規品」と「並行輸入品」の違いについてです。海外ブランドの商品を買い慣れた方からしたら常識かもしれませんが、興味がある方は是非お付き合いください。

 

正規品とは

正規品とは、日本の正規代理店、正規販売店を通じて仕入されたブランド品の事を指します。百貨店や、オメガ・ロレックスの正規店で購入する商品は「正規品」です。

正規の代理店を通じて購入した腕時計には基本的にはギャランティーカードとメーカーの保障書がつきます。もちろん、ギャランティーカードには自分の名前が入ります。

 

間違いなく「本物の商品」

正規品は、【海外のメーカー→日本の正規代理店→正規品販売店】 と販売ルートがしっかりしていますので、偽物が紛れ込む余地がありません。

 

本当の意味での「新品」

後述する並行輸入品の場合、正規ルートを外れたバイヤーを渡って自分の手元に届く事になります。その為、所有者としては2番目3番目となり、厳密に言うと新品ではなく「未使用品」です。

正規販売店で購入する商品は、まぎれもなく新品であり、あなたが最初の所有者となる事が出来ます。

 

定価販売で値引きがほぼ無い

スイスブランドの高級腕時計メーカーの場合、基本的に正規販売店で購入する場合は定価です。値引きはほぼできません。(そもそも正規店で値引きを交渉するのは無粋だと思われますが、、、)

世界的に価格はブランドとして管理しており、値崩れによるブランド価値の下落を防ぐようにしています。

 

 

並行輸入品とは

並行輸入品とは、正規品と違い日本の正規代理店や正規販売店を通さずに日本へ入ってきた商品の事を指します。日本のお店が独自に海外ディーラーなどから購入(輸入)する事で正規品より安く調達・販売する事が出来ます。

ヨドバシカメラなどの正規販売店以外で購入する場合はすべて並行輸入品扱いです。

 

正規品と比較して安価

正規代理店を通していない為、定価販売の縛りが無い為に、バイヤーの買いつけ時の値段や為替状況で販売価格は変動します。オメガやロレックス、それ以上の高級腕時計(ブレゲ、パテックフィリップ、バシュロン・コンスタンタンなど)では2割程度安く購入が出来ますし、マイナーメーカーの場合は半額近い値段で購入できる事も。

 

製品自体は正規品と同じ

ロレックスを例にあげれば、正規品と並行輸入品の現品自体の違いは、正規品には裏蓋に赤いシールが貼ってある程度の違いだけで、時計自体には違いはありませんし、生産も別ラインと言うわけではありません。あくまで、販売のルートが違うだけです。

 

偽物、改造品のリスク

ロレックスやオメガなど中級機械式腕時計ブランドであれば、購入場所さえまともな所を選べば偽物をつかまされるリスクはほとんどないですが、可能性はゼロではありません。

事実、過去に大手の並行販売店で購入した腕時計をメーカーへオーバーホールに出したら「一部の部品が純正品では無かった」と言う理由で突っ返されたという事例もあります。

 

保障・修理の対応に差

一流と呼ばれるスイスの腕時計メーカーのほとんどが、正規品と並行輸入品のアフターサポート等については差別をしていません。(ただし本物でない場合はサポート外)

並行差別をしているメーカーで有名なのはフランクミュラーですね。フランクミュラーは並行輸入品はオーバーホールや修理などのアフターサポートを一切受け付けていません。

またクロノグラフで有名なブライトリングも、並行品と正規品ではオーバーホールの代金に2倍近い価格差を設けています。(並行輸入品のOHが高い)

 

スポンサーリンク

 

結局、正規品と並行輸入品どっちを買えばいいの?

正規品購入=良い物を所有する喜び

ここからは個人的な意見になりますが、高級な機械式腕時計を30代の男性が購入する理由って、「自己満足」「良い物を所有したい」これらの動機があると思います。

もちろん、高級な腕時計はステイタスとしても魅力的な品ですが、ロレックスやオメガを使っている人なんて腐るほどいるし、中古品や並行輸入品で買えば20万~30万で購入できるモデルもたくさんあります。

私の場合、30代になってバリバリ働いてお金を稼いできた証として、本当に良い物を所有したい・身につけたい。という思いがあって高級腕時計を買うようになりました。

そういった自分の中で大切な買いものだからこそ、正規品を買うべきではないかな?と思います。

極端な話、並行輸入品の機械式腕時計を良い大人が買うのはドンキホーテで、ヴィトンの財布買う中高生みたいなもんだと思ってしまいます。

 

 

まとめ

30代で良い機械式腕時計を購入するという事は、10代20代の若者が見栄を張る為、人に見せびらかす為に無理して購入するのとは意味合いが変わってくるので、是非正規点で本物を購入し、所有する喜びを感じて頂ければと思います。

とはいえ、ロレックスやオメガは並行輸入品を購入しても物理的に損をする事はほぼ無い為、コスパ最優先の方は並行輸入品の購入も視野に入れてみてください。

-腕時計