スーツ

スーツをクリーニングに出す頻度や気をつけるべきポイント

スーツは他の衣服と比べて高級なものが多く、普段からのお手入れが重要になります。スーツのお手入れは自身で行うことも可能ではありますが、しっかりとしたお手入れを行うためにはクリーニングの活用も必要になります。

クリーニングは、しっかりとスーツをきれいにしてもらうことができますが、利用の際には気をつけるポイントがあります。

今回は、スーツをクリーニングに出す際に気をつけるべきポイントについてご説明します。

 

スーツをクリーニングに出す頻度

スーツをクリーニングに出す際に、最も気になるポイントは頻度ではないでしょうか。どのようなタイミングでスーツをクリーニングに出すかによって、スーツを良い状態に維持することができるかどうかが変わります。

スーツをクリーニングに出す頻度は、着用する機会の数によっても変わります。スーツを着用する回数が少ないときは、クリーニングに出す頻度も減ります。

 

理想は1シーズン1回のクリーニング

クリーニングに出す事で臭いや汚れを取る事ができる半面、何度もクリーニングをすればその分色落ちや型崩れ、生地の劣化に繋がってしまいます。

毎日スーツを着用する必要がない場合は、シーズンごとにクリーニングに出すようにすると良いでしょう。シーズンは4度ありますので、年に4回のクリーニングということになります。

理想は・・・といった理由ですが、ビジネスシーンでスーツを着用する方は、基本的には毎日スーツを着用することになります。同じスーツを毎日着るような人は、スーツをクリーニングに出す頻度も変わります。

 

目安としては【10回着用したら1回クリーニング】

もしあなたが毎日同じスーツを着て仕事をしているのであれば、2週間に1回はクリーニングに出した方が良いでしょう。反対に、週に1回しか同じスーツを着なければ、2カ月~3カ月に1回のクリーニングで十分です。

理想は1シーズンで5着はスーツを用意して、毎日日替わりで着る事です。そうすれば、1つのスーツは週に1回しか着ない事になりますのでクリーニングの頻度も減り、劣化を防いで長く使う事ができます。

また、季節によってもクリーニングに出す頻度は変わります。冬場は汗をかくことが少ないので、スーツに臭いがついてしまうこともありません。

反対に夏場には汗をかいてしまうので、スーツに汗の臭いが染み込んでしまいます。室内での業務が多い仕事はそれほどでもありませんが、外回りなど外出することが多いと、スーツが汗臭くなってしまいます。

夏場に入ってからは、スーツをクリーニングに出す頻度を上げるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

スーツとドライクリーニング

スーツをクリーニングに出す際に気をつけたいところは、水で洗うクリーニングを多用しないということです。スーツは、基本的には水洗いに適していません。水洗いの回数を多くしてしまうと、スーツが痛む原因ともなってしまいます。

このようなときに、ドライクリーニングが役立ってくれます。ドライクリーニングとは、水を使用せずにクリーニングするということです。水を使用することなく、有機溶剤というものを使用してクリーニングしています。

スーツで重要なのは型崩れを防ぐことですが、水洗いすることによってスーツが型くずれしてしまうこともあります。ドライクリーニングを活用すれば、スーツの型崩れを防ぎながらきれいにすることができます。スーツをクリーニングに出す際には、ドライクリーニングを活用するようにしましょう。

 

 

シミができてしまったらすぐクリーニング

スーツのクリーニングは、定期的に行うこと以外にも、シミができてしまったときにも活用するようにしましょう。シミができてしまったときは、自身で水をつけて落とそうとする方もいらっしゃいます。しかし、自身で落とそうと思っても、スーツのシミは中々落ちません。

このようなときにも、クリーニングを活用することができます。定期的なスーツのクリーニング以外にも、シミができたときはクリーニング業者のシミ抜きサービスを利用して、スーツにシミの跡が残らないようにしましょう。

スーツなどの高級生地のシミ抜きは、やはりプロに任せるのが一番です。

 

 

スーツをクリーニングに出す際には必ず上下セットで

スーツをクリーニングに出す際には、必ず上下セットで出すようにしましょう。スーツの上だけ、スーツの下だけを出すようにしてしまうと、片方に色落ち等が目立ってしまいます。

仮に上着にシミがついてしまったようなときでも、下も一緒にクリーニングに出すようにしましょう。

 

 

即日クリーニングの利用

即日クリーニングは、その日の内にスーツのクリーニングが完了するので、非常に便利なものです。スーツを所有している数が少ない、どうしても明日までにスーツをきれいにしたい等の事情があるときは、即日クリーニングを活用する方法もあります。

即日クリーニングは、当日中に引き渡しをすることが前提ですので、通常のクリーニングよりも汚れの除去やシワの取り除きが甘くなってしまいます。

また、即日クリーニングは夕方に出してしまうと、当日中に受け取ることができません。即日クリーニングで当日中に受け取りを考えているときは、朝に出すようにしましょう。

 

 

まとめ

  • 10回着たら1回クリーニング
  • 理想は1シーズン1回クリーニング
  • 冬は頻度を落とし、夏は頻度を上げる

スーツはお手入れが重要な衣服ですので、クリーニングの利用が必要不可欠です。クリーニングをしっかりと活用するようにして、スーツをきれいな状態に保つようにしましょう。

また、できるだけ複数着のスーツを揃えて着回す事で、それぞれのスーツのクリーニングの頻度を落とし、劣化を防ぐ事が大切に長く良いスーツを愛用する秘訣です。

 

関連記事)スーツを長持ちさせる為の正しいお手入れの方法

-スーツ