スーツ

30代男性ビジネススーツの選び方の基本

2016/08/08

スーツはサラリーマン人生を送っている人達が一番長く着ている服です。昭和の言い方をすればビジネススーツは企業戦士の戦闘服です。

30代になると、ビジネススーツの選び方も20代に比べると変わります。一般的には収入も20代の時と比べて上がる為、結婚している方も金銭的に少し余裕が出てくる年代でもあります。

20代だとビジネススーツも高価なものを購入することは難しいですが、多少余裕を持てる30代になると難しいことではありません。ビジネススーツをワンランクアップさせればオシャレな大人を演出できますし、仕立ての良い上質なスーツを着る事で、仕事のモチベーションアップにも自信にもつながります。

今回は、30代のスーツの選び方の基本に付いてご紹介します。

 

30代男性が着用するビジネススーツの価格帯

大卒から仕事を始めたとすると、入社1年目は22-23歳の年です。新入社員のときは、高価なビジネススーツを着用すると逆に浮いてしまいます。価格帯としてはスーツ量販店の最も安い10,000円台から20,000円台くらいで十分です。

しかし30代に入ると、仮に同じ会社とすると入社8年以上ということになりますので、年齢的にも恥ずかしくないビジネススーツを着用したいですね。

 

30代になると応対相手も変わる

基本的には、年齢が上がれば上がるほどスーツの価格も上げるようにしましょう。年齢が上がると役職も上がり、対応する相手方も役職が高い人が多くなります。

そのようなときに、安っぽいビジネススーツを着用していると、第一印象が悪くなってしまいます。ビジネススーツは年齢や役職に相応しいものがありますので、相手方に失礼のないようなスーツスタイルで商談に臨みたいところです。

 

スーツは消耗品?

私も20代のころは、イオンとかで買った2着で1万5千円とかの格安スーツを着潰すスタイルでした。スーツはサラリーマンなら毎日着用するものですので、ある程度消耗品という考え方もありますが、個人的には30代のビジネスファッションのコンセプトとして【良いスーツを長く使いたい】という思いがあります。

今までより1ランク質の良いスーツを数着揃えて、1シーズンに3着~5着を毎日着回せばスーツの消耗を遅らせる事ができますし、長く大切に使う事で愛着も沸きます。

 

普段使いのスーツの価格帯

30代の一般的なビジネススーツの価格帯は35000円~60,000円くらいが妥当な金額かと思います。(有名ブランドではないスーツの場合)

また、上記の価格帯のスーツを1シーズン3~4着と、ここぞという時の為のブランドスーツやオーダーメイドのスーツを1着でも持っているとビジネスファッションの幅がグッと広がります。

 

 

体型に合ったスーツ選びが第一

スーツを選ぶ際には【生地の質】【仕立ての良さ】【ブランドやデザイン】等の要素がありますが、まず絶対に外せないのが、【自分の体にフィットしたサイズを着る事】です。

これができていないと、いくら高級なブランドのスーツでもダサく見えます。ブカブカで大きいビジネススーツでも、パッツンパッツンの小さなビジネススーツでも問題があります。

 

20代→30代の体形変化に沿ったサイズ選び

ビジネススーツの着用を始める会社勤務からは、30代に入ると10年ほど経過しています。学生と社会人は環境に変化がありますので、食生活や運動の有無などにも変化があります。大抵は体重が増加してしまうことが多いのですが、20代に比べると体型が変化しています。

 

オーダーメイドスーツも視野に入れる

スーツ量販店で並んでいるスーツは、個人の体型に合わせているものではありません。

30代に入ったときは、選び方の選択肢としてオーダーメイドも考えられます。オーダーメイドは、その人の体型に合わせて作ってもらうことができるので、体にフィットしたビジネススーツを着用することができます。サイズ直しにも対応してくれるところが多いので、体型が変わっても安心です。

オーダーメイドは、1から(または数パターンから)ビジネススーツを作ることになりますので、通常のビジネススーツよりも高価になってしまいます。多少収入に余裕の出る30代に入った今こそ、オーダースーツデビューのタイミングかな?と思います。

オーダーメイドと一口に言っても、セミオーダーやフルオーダーなどそれぞれ特徴があります。オーダースーツについては別途詳しくご紹介します。

 

基本的にはゆとりのあるサイズ選びを

タイトな服を着用することによって、スタイリッシュで細い印象を持ってもらうことができます。これは10代や20代だと良いのですが、30代になると歳相応ではない印象を持たれてしまうことが多いです。30代に入ってからは、少しゆとりのあるサイズのビジネススーツが良いでしょう。

これには年齢的な体型も関係しており、30代になると体重が増加してしまう方が多いです。そのようなときにタイトなビジネススーツを着用していると、逆に滑稽になってしまいます。

ゆとりのあるサイズを選ぶメリットは他にもあり、体重が増加してしまったときにも着用することができるということです。30代後半にもなると、さらに体重が増加してしまうことも考えられます。

せっかく高価なビジネススーツ購入を購入しても、着ることができなくなってしまうのは問題ですし、サイズ直しにも費用がかかってしまいます。少しゆとりのあるサイズを購入しておけば、多少体重が増加しても着用し続けることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

30代は体型の維持も重要

体型のことを考えてゆとりのあるサイズを選ぶことは重要ですが、もちろん体型を維持することも大切です。太り過ぎると生活習慣病の危険性も高まりますので、太り過ぎない程度に体型を維持するようにしたいところです。

・・・・ちなみに私は、去年転勤に伴って生活環境がガラっと変わったのですが、思いっきり太りました。15キロも・・・こうなってしまうと、今まで着れていたスーツも着れないし、せっかく新しいスーツを仕立ててもダイエット成功した時に着れなくなってしまいます。

 

良いスーツを体系維持のモチベーションに

自分のベストな体重とスタイルになったタイミングで、フルオーダーの良いスーツを仕立ててもらう事で、体系維持のモチベーションに繋げるという方法もアリだと思います。

カッコイイ30代を目指すのであれば、適度な体型を維持し続ける努力は必要ですね。

 

 

まとめ

30代に入ると、男性は特に外見に差が出てきます。「くたびれたサラリーマンのオジサン」「若作りに無理があるオジサン」「カッコイイオジサン」「若々しいお兄さん」など・・・

30代に入ってからのビジネススーツの選び方は、収入と体型のことを踏まえるようにすると良いでしょう。歳相応の恥ずかしくない価格帯、体型に合っているビジネススーツを【清潔に】着用していれば間違いはありません。

30代のスーツ選びについて、随時詳細な記事を更新していきますので、是非参考にしてみてください。

 

関連記事)30代男性ビジネススーツの選び方の基本

関連記事)30代のビジネススーツの選び方【サイズとシルエットの選び方】

関連記事)30代のビジネススーツの選び方【生地の種類・ブランドで選ぶ】

関連記事)30代のビジネススーツの選び方【柄・パターンで選ぶ】

関連記事)30代のビジネススーツの選び方【色で選ぶ】

-スーツ