Yシャツ

ワイシャツの下にインナーは何を着ればいい?

ワイシャツを着用するときは、通常地肌にそのまま着用するのではなく、インナーを着てから羽織ることになります。ワイシャツを地肌にそのまま着用してしまうと、汗が直接ついてしまいますし地肌が透けてしまうこともあります。

ワイシャツのインナーは、何でも良いという訳ではなく向いているものと向いていないものがあります。また、インナーの形状によっても印象が変わります。今回は、ワイシャツの下に着用するインナーについてご説明します。

 

ワイシャツの下にインナーは必要?

よく、夏場になるとワイシャツの下にインナーを着ないで生でシャツを着ている人を見かけますね。

厳密に言えば、決してマナー違反ではありません。しかし、日本の様に高温多湿な気候の国ではやはり「汗」をかきやすく、直接シャツを着て汗をかくと透けてしまいかなりみっともないです。

あと、個人的には半そでシャツを生で着ている人の腋毛がチラ見えするのが凄い嫌です・・・

 

 

インナーの形状の種類

Uネック

Uネックとは、首元がU字になっているインナーのことです。インナーは肌着とも呼ばれていますが、このUネックが最もスタンダードな形と言えるでしょう。

Uネックの特徴は、首元がしっかりとしているので汗を吸い取りやすいということです。また、首元がしっかりとしているということは、暖かいということでもありますので、冬に向いているインナーです。

形状としてはスタンダードなので、紳士服店以外にも様々な衣料品店で購入する入手しやすさがあります。

注意しなければならないのは、ノーネクタイでワイシャツを着用しているときです。ノーネクタイでワイシャツの第1ボタンを開けると、Uネックのインナーが見える状態になります。

これは見た目としてはあまり良くありませんので、着用の際には注意しましょう。

 

Vネック

Vネックは、首元がV字になっているインナーのことです。VネックはUネックに比べてスタイリッシュで洗練された印象を持ってもらうことができるので、インナーの中ではオシャレな部類です。

Uネックとは違い、ワイシャツの第1ボタンを開けてもインナーが見えませんので、印象がスマートになります。

ただし、首元が開きすぎてしまうと不真面目な印象を持たれてしまうので、この点には注意する必要があります。

 

タンクトップ

タンクトップは、簡単に言えば袖がないUネックといった形状です。Uネックに比べて、首周りが広くなっていることが多いです。

タンクトップは夏場限定のインナーですが、その大きなメリットは袖がないことによる涼しさです。これはデメリットにもなり得てしまい、冬場にタンクトップは寒くなってしまうので着用することはほとんどありません。

また、袖がありませんのでスーツを着用せずにワイシャツだけ羽織っていると、肩口付近の地肌が透けてしまいます。これは印象としては良くありませんので、注意して着用する必要があります。

夏場には涼しいですが、袖がありませんので汗がワイシャツの脇に染みてしまうことがあります。

 

ノースリーブ

ノースリーブは、タンクトップとも良く似ている形状ですが、体のラインに沿っているのが特徴です。首元はVネックになっています。

注意する点はVネックと同じく、首元が開きすぎると不真面目に見えてしまうことです。タンクトップと同じデメリットとしては、汗をかいたときにワイシャツの脇に染みてしまうことです。

首元が開いており涼しいのですが、夏場には注意して着用しなければなりません

 

 

インナーの袖の長さについて

タンクトップとノースリーブは袖がないことが分かっていますが、UネックとVネックは袖の長さを選ぶことができます。大きく分けて「半袖」「5分、7分袖」「長袖」になります

半袖は、インナーとしては最もスタンダードな長さになります。夏場に活躍する機会が多いですが、季節に関係なくオールシーズン使用することができます。

5分袖や7分袖は、半袖より多少長めのインナーです。ビジネスシーンで着用することはあまりなく、カジュアルな場面で着用することが多いインナーです。

長袖は、冬場に活躍してくれるインナーです。インナーで着用することが多いのは半袖ですが、冬場に備えて長袖も数着は持っておきたいところです。

 

スポンサーリンク

 

 

インナーの色は何が良い?

インナーの色は、基本的にはビジネスシーンでは白を着用するようにしましょう。インナーの色がワイシャツから透けてしまってはいけませんので、柄がないインナーが望ましいです。

白は清潔な印象がありますし、ワイシャツから透けても印象は悪くありません。

他の色では、ベージュや明るいグレーが考えられます。これらの色も主張しすぎることはありませんので、ビジネスシーンで着用することができます。

もちろん、プライベートではどのようなインナーを着用しても構いません。

 

 

おすすめのワイシャツインナー

私は、非常に汗っかきで、インナーがとにかくすぐ汗でべたべたになってしまいます。着心地で言えばやはり白の綿シャツが一番なのですが、汗をたくさん吸ってしまいワイシャツまでしみてきたり、夏場には汗臭くなってしまうのが悩みでした。

 

GUNZEのDRY & DEOシリーズ

私のおすすめインナーはグンゼのDRY&DEOシリーズ。非常に機能的でおススメです。

まず、汗をかいてもワイシャツまで染みませんし、それでいて着心地はサラサラなんです。もちろん、臭いも外に出にくいです。

私は、3年前からワイシャツのインナーはDRY&DEOシリーズに統一しました。(私服も)

似たような商品として、ユニクロのエアリズムシリーズもおススメですが、エアリズムより少し値段も安く、ネットで購入できるので是非試してみてください。

 

 

 

まとめ

インナーは、透けて見えるときに印象が決まるので、しっかりと考えて着用しなければなりません。着方によっては不潔に見えてしまうこともありますので、注意して着用するようにしましょう。

また、着心地や臭い対策の為にもインナー選びは非常に重要です。臭いや清潔感は最低限のマナーなので、着心地と機能性の高いインナーを選びましょう。

オシャレとマナーは下着から!

-Yシャツ