Yシャツ

30代男性ワイシャツの選び方の基本

2016/08/30

30代のビのジネスファッションを見直す上で、スーツはもちろん大切ですが、ワイシャツの選び方にも気を配りたいところです。
ワイシャツは、色や柄、素材等非常にバリエーションがあり、またネクタイとの組み合わでいえば何通りにもなり、センスが問われる所です。

今回は、30代男性のワイシャツ選びの基本を詳しくご紹介します。

 

20代までのワイシャツ選び

20代の時は、基本的にはスーツやワイシャツにこだわることは少ないと言われています。仮に新入社員の立場だったとして、ブランドスーツを着用して出社するとどのようなイメージを持たれてしまうでしょうか。

「こいつは生意気だ」「仕事も出来ないのにいっちょまえの格好しやがって」と思われてしまう恐れがあります。くだらないですね。でもそれが日本の企業、サラリーマンの世界なのです。(経験者談)

これはワイシャツにも同じことが言えるので、ワイシャツも無理に最初から高級なものを購入しなくても良いと思います。

 

【清潔感】がとにかく大事

20代のワイシャツは、ホワイトなど無難なカラーでそれほど高級ではないものを購入するようにしましょう。ただし、アイロンをしっかりかけていなかったり襟や袖が汚れたワイシャツを着るのは論外です。

安いワイシャツでも良いのできちんとクリーニングに出したり、数を揃えておいて常に綺麗なワイシャツを着る事を心がけましょう。

 

 

30代のワイシャツ選び

30代に入ってからは、社内外でもスーツやワイシャツにもお金をかけてもおかしくないポジションに立つ事も増えます。せっかくなのでこだわりを持ってワイシャツも選んでみましょう。

私が20代の時、仕事がすごいできる課長の下で仕事をしていたのですが、靴はキズだらけ、ワイシャツネクタイはネットで格安購入、スーツはイオンのスーツ。という人がいました。

カッコいい人だったので余計にショックと言うか、管理職でそれなりに良いお給料貰って(しかも独身)いるんだからもう少し良い身なりをして欲しいな・・・・と思ってしまいました。

20代のころのように安価なものだけではなく、多少高級な質の良いワイシャツを数着持っているといざという時や勝負時に役に立ちます。

 

 

ワイシャツの価格帯

ワイシャツの価格ですが、安価なものはインターネットで購入すれば1,000円前後で購入することも可能です。

量販店で買えば3000円くらいから、ブランドものになりますと、ワイシャツの価格も5,000円以上になります。また、自分の体に合わせて作るオーダーワイシャツの場合は、10,000円を超えるシャツも多いです。

私も数着オーダーシャツを持っていますが、体にフィットしていて非常に着心地も良く、また市販品と比べるとシルエットが全然違います。

ある程度余裕ができてきたら、オーダーシャツにも是非挑戦してみてください。

 

 

ビジネスシーンでのワイシャツの選び

良いワイシャツ=派手と言う意味では無い

高級ブランドのドレッシーなワイシャツや奇抜な色合いのものはビジネス向きではありません。

ビジネスファッションは、【相手に良い第一印象を与える事】も十分に考慮して選ぶ必要があります。ここが、自分の好きなものを好きなように着れるプライベートファッションとの大きな違いです。

 

キーワードは清潔感とサイズ感

シャツの色や柄などで主張するのではなく、まず最低限清潔感を保つようにしましょう。具体的にはシワが無く、襟や袖に汚れが無くサイズが身体にあっているシャツです。

これだけでも徹底すれば、ビジネスシーンでの相手に与える印象はぐっと上がります。

 

ちょっと脱線

お笑い芸人のザキヤマさん(アンタッチャブル)は真っ白なワイシャツを100枚持っています。昔、東京フレンドパークⅡで賞品として獲得していたのをテレビで見た記憶があります。

真白なワイシャツこそ、清潔感がとても大事。消耗を防ぐためにも白いシャツはたくさん持っていても損はありませんね。(100枚はいらないけど)

 

スポンサーリンク

 

ワイシャツの購入方法

ワイシャツは、量販店に行くことによって安価に購入することができます。安くても良いというときは、量販店に行って購入すると良いでしょう。

30代に入って、少しでも良いワイシャツを購入したいと思ったときは、専門店を利用するようにしましょう。

専門店では、デザインや素材にこだわっている商品が売られていますので、量販店よりも良質なワイシャツを購入することができます。専門店は様々なところにありますが、デパートなどに行けばたいてい見つける事が出来ます。。

自身にこだわりのブランドがある、お目当てのブランドがあるときは、ブランドの直営店でもワイシャツを購入することができます。ブランドの直営店まで向かう必要がありますので、近隣にあるかどうか調べてから向かうようにしましょう。

 

インターネットで購入する方法もある

その他の購入方法ですが、ネット通販を利用するという方法があります。通販や家賃や人件費を抑えることができるので、通常よりも安く購入することができます。

これはブランド品でも同じことが言えるので、近隣にブランドの直営店がないときは、通販を利用しても良いでしょう。

通販で購入する際の注意点は、サイズを間違えないようにするということです。サイズを間違えてしまうと、着用することができなくなってしまうので、お金の無駄遣いになってしまいます。肩幅や身幅などを確認してから、通販で購入するようにしましょう。

最近では柄や色、サイズまで全てフルオーダーでネット注文できるオンラインオーダーシャツも人気を集めています。

 

 

まとめ

良いスーツには、良い靴、良いワイシャツなどトータルでコーディネートをする必要があります。どれか1つでもだらしなかったりヨレヨレだと非常にもったいないです。まずは【清潔感】と【ジャストサイズ】を意識してワイシャツを選び直してみてください。

個人的に、ワイシャツはオーダーシャツがおススメです。スーツと比べてそこまで高価な買い物ではないので、是非この機会にオーダーシャツに挑戦してみて下さい!

関連記事)オーダーメイドのワイシャツのメリットと選ぶ際のポイント

 

ワイシャツ選びの詳細記事はコチラ↓

 

-Yシャツ