コート

30代男性のビジネスコートの種類と選び方

ビジネスファッションでこだわるべきポイントはスーツ、靴、ワイシャツ・・・・それ以外にも季節に応じてチョイスしなければならないアイテムもあります。

冬場の季節になると、活躍してくれるのがビジネスコートです。ビジネスコートは、寒さを凌ぐことができるだけではなく、ファッションの一つとして考えることができます。ビジネスコートを上手くコーディネートすることで、オシャレに着こなすことができます。

今回は、ビジネスファッションで利用できるコートの種類などについて詳しくご紹介します。

 

ビジネスコートが活躍するタイミング

ビジネスコートは、幅広く活躍してくれるので色々な場面で活躍してくれます。特に通勤の際は外を出歩くことになりますので、冬場は防寒着を欠かすことはできません。

プライベートにおいても、ビジネスコートを使用することができます。結婚式のようなフォーマルな場所では、ビジネスコートを使用することができますので、冬場でも安心です。カジュアル感の強いビジネスコートなら、私服のコーディネートで活用することもできます。

 

 

ビジネスコートの種類について

ここからは、代表的なビジネスで使われるコートの種類についてご説明します。

 

ステンカラーコート

デザイン的には、最もシンプルなビジネスコートなのが、ステンカラーコートです。余計なデザインが施されていませんので、ビジネスシーンで主に活躍してくれます。シンプルなデザインは、スタイリッシュな雰囲気を醸し出してくれます。

丈は膝よりやや上ぐらいまでで、裏地はボタンタイプのものやマジックテープのものがあります。しっかりとした防寒着という訳ではなく、春にも活躍してくれる軽い防寒着です。

ステンカラーコートは、ポリエステルで作られていることが多いので、雨や風に強い特徴があります。その反面、見た目に冬の季節感がありませんので、コーディネートとしては難しい側面もあります。

 

トレンチコート

トレンチコートの由来は、イギリス軍が開発した軍用コートにあります。防水加工が施されていますので、ステンカラーコートと同じく雨や風に強い特性があります。

見た目はボタンが特徴的で、ウエストベルトもありますのでコーディネートとしても優秀です。ビジネスコートとしても使い勝手が良く、是非とも一着は所有しておきたいビジネスコートです。

 

チェスターフィールドコート

チェスターフィールドコートは、見た目としてはスーツの延長線上のような印象です。スーツをコートしたような見た目ですので、ビジネスシーン以外にもフォーマルな場所に向いています。

フライフロントと呼ばれる隠しボタンが特徴的で、襟はノッチドラペルです。

 

キルティングコート

シンプルなデザインではありますが、幅広く使用することができるのがキルティングコートです。菱形の格子がいくつもあるデザインがオシャレで、ビジネスでもプライベートでも活用することができます。

シンプルなデザインですので、使い勝手も良く軽やかな印象を持ってもらうことができます。防寒性も悪くはありませんので、真冬にも活躍してくれます。

 

ダッフルコート

ダッフルコートは、メルトンウールが使用されていますので、防寒着としては非常に優秀なコートです。ただし、ダッフルコートはカジュアルな印象が強いので、ビジネスシーンには合わないことがあります。

・・・と言うよりも個人的にはスーツ+ダッフルコートを見るとどうしても中学生を連想してしまいます。子供っぽく見えると言うか、奥さんに買ってもらったのかな?って感じです。(失礼)

ビジネスシーンで使用するときには、ネイビーやベージュといったようなカラーを選択するようにしましょう。

 

Pコート

Pコートは、ビジネスシーン以外にもカジュアルな場所で人気のあるコートです。しかし、ビジネスシーンでは、Pコートはカジュアル感が強すぎるので不向きなことがあります。

Pコートは防寒着としては多少弱いところがありますが、ファッショナブルでボタンを留めてすぐに羽織ることができるのが便利なポイントです。

 

ダウンコート

ダウンコートは、これぞ冬場の防寒着と言える防寒性の高さが特徴です。秋や春に着用することはほとんどない、真冬に活躍してくれるコートです。

非常にオシャレに着こなすことができますが、ビジネスシーンには不向きなコートと言えます。購入するときは、プライベート用と割り切って購入するようにしましょう。

 

モッズコート

モッズコートの大きな特徴は、フードがついていることです。フードがつくとカジュアル感が増してしまうことが多いのですが、モッズコートはビジネスシーンでも着用されることがあります。

以前まではカジュアルなものが多かったのですが、現在ではビジネスシーンでも使いやすいような商品が販売されています。ビジネスシーンで着用するときは、シックなカラーのモッズコートが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

理想はステンカラーコート+もう一種類

個人的な意見にはなりますが、ビジネスシーンで利用するコートは、最低でも2種類あったほうが良いと思います。

オーソドックスなステンカラーコートは、どんな場面でも利用できますしお客様を訪問する時なども悪目立ちする事はありません。

ステンカラーコートの他に、もう一着、少しカジュアル寄りのコートもあるとTPOに合わせて選ぶ事が出来るのでおススメです。

ちなみに私は、ステンカラーコート一着と、Pコートを一着使っています。また、外出の予定がない時はダウンジャケットなど思いっきりカジュアルな防寒着を着る事もあります。

 

 

まとめ

冬場のビジネスコート選びは、ベーシックなステンカラー1着は必ず用意して、そのほかにもう1着自分の気に入ったカジュアルよりなコートを選んでみましょう。

毎日同じコートを着るよりも、楽しみが増えると思いますので是非検討してみてください。

-コート