30代男性のスーツスタイルにリュックはあり!?なし!?

2016/09/14

スーツ姿で3Wayバッグをリュックとして背負ったり、そもそもリュック(バックパック)をメインで利用する方も多いと思います。世間でも賛否両論のスーツ+リュック(バックパック)の組み合わせ、はたしてアリなのでしょうか?

 

ビジネスバッグは必需品

スーツを着用するときは、基本的にはポケットにものを詰め込むのは好ましくないと言われています。この理由は2つあり、まずはスーツの型が崩れてしまうということです。スーツの型が崩れてしまうと、きれいなスーツラインを保つことができなくなってしまいます。

もう1つは純粋に見た目の問題で、スーツのポケットがパンパンに膨らんでいると、だらしない印象を持たれてしまいます。

 

 

リュックの印象

リュックに対する印象は、男性目線と女性目線では若干違います。男性目線だとリュックに対してそれほど変わった印象がありませんが、女性目線だと「子供っぽい」「オタクっぽい」という印象が強くなってしまいます。

これはスーツスタイルにリュックを合わせたときも同じで、言い方は悪くなってしまいますがダサい印象を持たれてしまいます。また、年齢層が高い方からの印象は、ビジネスバッグは手提げタイプという考え方が強いです。したがって、リュックを背負ってスーツを着用していると、非常識だと思われてしまうこともあります。

全体的な印象としては、リュックはカジュアルなアイテムという印象があります。したがって、私服にリュックを合わせるのは全く問題ないということです。

 

 

リュックの機能性

リュックの機能性ですが、この点は非常に高くなっています。手提げタイプのビジネスバッグだと、当然ではありますが持っていると片手が塞がってしまいます。仮に手帳に何かを書きたいと思っても、一度ビジネスバッグを下に置かなければなりません。

その点リュックなら、両手を開けることができますので、一々ビジネスバッグを下に置く必要がありません。

その他にも、ビジネスバッグを持ちながら両手で作業することが多い現場なら、リュックは非常に活躍してくれます。また、リュックは比較的大きなものが多いので、手提げタイプのビジネスバッグよりも収容力があります。

 

スポンサーリンク

 

 

ビジネスシーンでリュックはあり?

具体的なシーン別においては、ビジネスシーンでリュックを使用することはありです。しかし、会社の雰囲気に合わせて柔軟に判断するようにしましょう。リュックはカジュアルな雰囲気が強くなりますので、会社の雰囲気によってはリュックが合わないことがあります。

心配なときは、上司にリュックタイプのビジネスバッグでも良いか聞くようにして、確認してから使用することが重要です。

ビジネスシーンで使用するリュックですが、カジュアルで使うようなものは厳禁です。使用するときは、必ずビジネスタイプのリュックを購入しましょう。有名なビジネスバッグを提供しているブランドでも、リュックタイプのビジネスバッグを販売しています。デザインはシンプルで機能性も高められており、スーツとのコーディネートもしやすくなっています。

また、リュック専用のものだけではなく、3WAYタイプのビジネスバッグを購入する方法もあります。3WAYタイプとは「手提げ」「肩がけ」「リュック」の3種類に分けて使用することができるビジネスバッグです。

3WAYタイプのビジネスバッグなら、適切なタイミングでリュックとして使用することができるので、雰囲気に合わないときは他の形態に変えることができます。

 

 

プライベートのスーツスタイルにリュックはあり?

プライベートでスーツを着用するときは、リュックはありとは言いづらいのが実情です。プライベートでスーツを着用するタイミングは、記念日や冠婚葬祭、パーティーなどが大半です。このようなときに、カジュアル感の強いリュックを背負って行くと、場違いな雰囲気になってしまいます。

リュックを背負ってはマナー違反ということはないので、個人的に気に入っていれば持って行くことは可能です。しかし、基本的には雰囲気とは合いませんので避けた方が良いでしょう。

プライベートにおいても、3WAYバッグなら手提げや肩がけとしてプライベートで使用することができます。冠婚葬祭やパーティーの会場に着くまでの移動時間はリュックで行き、着いてからは手提げタイプに変更するなど柔軟に対応することも可能です。

 

 

まとめ

リュックは、機能性は非常く非常に実用的ですが、スーツスタイルと合わせるとなるとやはり世間的なマイナス印象が根強いです。

個人的には、外回りの場合は実用性も兼ねている3WAYバッグは良いと思いますが、デザイン的にはいまいちだと思っています。カッコいい30代を目指すのであれば、背負えるタイプのビジネスバッグはお勧めできません。

ただし、仕事上たくさんの書類やPCなどを持ち運ぶ必要がある場合、背負えるタイプのバッグは非常に便利です。

出張用、外回り用、オシャレ用?として、バッグも2~3個持ってTPOに合わせて使い分けるのが、スマートかもしれませんね。

-